top of page

​ビジネスAIアドバイザーの評価結果

民間放送業:有線放送業を除く
お悩みのタイプ

人事制度の見直し

お悩み事

- 人事制度の見直しにより、従業員のモチベーション低下が懸念される。
- 現行の人事制度が時代に合わなくなっており、採用や定着率の低下が課題となっている。
- 従業員のキャリアアップやスキルアップの機会が不足しており、人材の流出が起こっている。
- 人事制度の見直しには、コストや時間がかかるため、経営陣の合意形成が必要となる。

解決策

【解決策】
- 退職金制度の見直しを行い、社員の満足度向上を図る必要がある。
- 退職金の支給額を増額し、社員のモチベーション向上につなげる。
- 退職金の支給対象を長期勤続者に限定するのではなく、全社員に対象を広げることで、不公平感を解消する。
- 退職金制度の見直しにあたり、社員の意見を積極的に取り入れることで、社員の満足度向上につなげる。
- 退職金制度の見直しに伴い、社員に対して十分な説明を行い、不安や疑問を解消することで、円滑な導入を図る。

解決策の難易度

提案された解決策の実施の難易度を評価します。相対的な難易度は「H」、中程度は「M」、低い場合は「L」として返され、会社の状況に基づいて難易度の理由が「:」の後に記載されます。

- 難易度:M
- 理由:
- 退職金制度の見直しは、社員の不満を解消するために必要な重要な改革です。
- しかし、退職金制度は、会社の財務状況に大きな影響を与えるため、実施には時間と労力が必要です。
- また、新しい制度を導入するには、社員とのコミュニケーションが必要であり、社員の理解と協力が必要です。
- さらに、退職金制度は、法律や税制の変更にも影響を受けるため、専門家のアドバイスが必要です。
- したがって、退職金制度の見直しは、中程度の難易度があります。

bottom of page