top of page

​ビジネスAIアドバイザーの評価結果

農畜産物・水産物卸売業
お悩みのタイプ

クラウドサービスの利用拡大

お悩み事

・クラウドサービスの利用拡大に伴い、セキュリティの脅威が増加している。
・社員のクラウドサービス利用に関するルールが明確でなく、情報漏洩のリスクがある。
・クラウドサービスの利用料金が予算を超過している。
・クラウドサービスの利用方法や設定に関する知識が不足しており、効率的な業務ができていない。

解決策

【解決策】
- エージェントサービスの導入を検討することで、顧客対応の効率化と業務生産性の向上が期待できる。
- 導入前に、コスト対効果を慎重に検討することが必要である。
- エージェントサービスの導入により、取引先とのやりとりがスムーズになり、顧客満足度の向上につながる。
- エージェントサービスの導入により、社員の業務負荷が軽減され、生産性の向上が期待できる。
- 導入後は、エージェントサービスの運用状況を定期的に評価し、改善点を洗い出すことが重要である。
- エージェントサービスの導入には、社員のトレーニングやシステムの導入費用が必要であるため、事前に予算を確保することが必要である。

解決策の難易度

提案された解決策の実装の難易度を評価します。相対的な難易度は「H」、中程度は「M」、低い場合は「L」として返され、会社の状況に基づいて理由が記載されます。

- 解決策の難易度:M
- 理由:
- 農畜産物・水産物卸売業では、顧客対応に時間を割かれることが多く、業務の生産性を向上させるためにエージェントサービスの導入が必要です。
- エージェントサービスの導入にはコストがかかるため、費用対効果を慎重に検討する必要があります。
- ただし、クラウドサービスの利用拡大により、エージェントサービスの導入が容易になっています。
- したがって、エージェントサービスの導入には中程度の難易度があります。

bottom of page