top of page

​ビジネスAIアドバイザーの評価結果

映像・音声・文字情報制作業
お悩みのタイプ

競合他社との差別化

お悩み事

・競合他社との差別化が困難である
・同業他社が同じようなサービスを提供している
・顧客にとって、自社と他社の違いがわかりにくい
・価格競争に陥りやすい
・新規顧客獲得が難しい

解決策

【解決策】競合他社との差別化を図るための提案

・品質管理の徹底
 - 制作プロセスにおいて、品質管理の不備がある可能性があるため、徹底した品質管理を行うことが必要。
 - 品質管理のためのチェックリストの作成や、品質管理担当者の配置などを検討する。

・顧客ニーズの把握
 - 顧客からのクレームが多く、信頼性が低下しているため、顧客ニーズを把握し、それに応える制作物を提供することが必要。
 - 顧客アンケートの実施や、顧客とのコミュニケーションを強化することが有効。

・独自性の追求
 - 制作物の完成度が低く、競合他社との差別化が困難になっているため、独自性を追求することが必要。
 - 他社とは異なる制作手法や、新しい技術の導入などを検討する。

・人材育成の強化
 - 品質向上や独自性の追求には、人材育成の強化が必要。
 - 社員のスキルアップ研修や、外部の専門家による指導などを行うことが有効。

解決策の難易度

提案された解決策の実装の難易度を評価します。相対的な難易度は「H」、中程度は「M」、低い場合は「L」として返され、難易度の理由は、会社の状況に基づいて「:」の後に記載されます。

- 解決策の難易度:M
- 理由:
- 品質向上が求められているため、制作プロセスにおいて品質管理の改善が必要です。
- 制作物の完成度が低く、競合他社との差別化が困難になっているため、制作プロセスの見直しが必要です。
- 顧客からのクレームが多く、信頼性が低下しているため、品質管理の改善が必要です。
- ただし、競合他社との差別化に関しては、制作物のクオリティを向上させることで対応できるため、実装の難易度は中程度と評価されます。

bottom of page