top of page

​ビジネスAIアドバイザーの評価結果

生鮮魚介卸売業
お悩みのタイプ

利益率の低下

お悩み事

・生鮮魚介卸売業において、利益率の低下が問題となっている。
・原因としては、仕入れ価格の上昇や競合他社の価格競争が挙げられる。
・この問題を解決するためには、仕入れ先の見直しや販売戦略の見直しが必要となる。

解決策

【解決策】
・ルート設計の見直し
 - 運送コストを削減するために、効率的なルート設計が必要。
 - 配送先や配送時間を見直し、最適なルートを構築することで、コスト削減につなげる。
・輸送手段の見直し
 - 運送コストを削減するために、輸送手段の見直しが必要。
 - トラックや船舶など、最適な輸送手段を選定することで、コスト削減につなげる。
・原材料価格の抑制
 - 原材料価格の上昇が利益率低下の原因の一つであるため、原材料価格の抑制が必要。
 - 仕入先の見直しや、原材料の代替品の検討などが有効。
・人件費の削減
 - 人件費の増加が利益率低下の原因の一つであるため、人件費の削減が必要。
 - 業務の効率化や、人員配置の見直しなどが有効。
・新規事業の展開
 - 生鮮魚介卸売業において、新規事業の展開が有効。
 - 加工品の製造や、直売店の開設など、新たな収益源を確保することで、利益率の向上につなげる。

解決策の難易度

提案された解決策の実施の難易度を評価します。相対的な難易度は「H」、中程度は「M」、低い場合は「L」として返され、会社の状況に基づいて難易度の理由が「:」の後に記載されます。

- 解決策の難易度:M
- 理由:
- 生鮮魚介卸売業では、コスト削減が必要であるため、解決策の実施には中程度の難易度がある。
- 原材料価格の上昇や人件費の増加などが原因で、運送コストの削減が課題となっている。
- 効率的なルート設計や輸送手段の見直しが求められているため、解決策の実施には中程度の難易度がある。
- ただし、生鮮魚介卸売業は、競合他社が多く、市場が厳しいため、解決策の実施が遅れると、利益率の低下がさらに進む可能性があることを考慮すると、早急な対応が必要である。

bottom of page