top of page

​ビジネスAIアドバイザーの評価結果

パッケージソフトウェア業
お悩みのタイプ

個人情報保護対策

お悩み事

・個人情報保護法改正により、顧客情報の取り扱いに関する法的要件が厳しくなった。
・顧客情報の漏洩や不正アクセスによる情報流出のリスクが高まっている。
・顧客情報の適切な管理に関する社内規定の整備が必要となっている。
・社員の個人情報保護意識の向上が必要となっている。

解決策

【解決策】
・デジタルマーケティングの戦略を見直し、顧客獲得に注力する。
・競合他社との差別化を図るため、自社の強みを明確にし、アピールする。
・コンテンツ制作の更新頻度を上げるため、社内の担当者を増員し、外部の制作会社との協業を検討する。
・アクセス解析やデータ分析を充実させ、改善点を把握しやすくするため、専門の担当者を配置する。
・個人情報保護対策については、法令を遵守するとともに、顧客に対して情報の取り扱いについて明確に説明することで信頼を築く。

以上の解決策を実行することで、パッケージソフトウェア業における個人情報保護対策の課題を解決し、顧客獲得や競合他社との差別化につながる戦略を立てることができます。

解決策の難易度

提案された解決策の実装の難易度を評価します。相対的な難易度は「H」が高、 「M」が中、 「L」が低として返され、会社の状況に基づいて理由が記載されます。

会社の状況:
- ビジネスタイプ:パッケージソフトウェア業
- 問題タイプ:個人情報保護対策
- 詳細な問題:
- デジタルマーケティングの戦略が不十分で、顧客獲得に課題がある。
- 競合他社との差別化ができていない。
- SNSやブログなどのコンテンツ制作が追いつかず、更新頻度が低い。
- アクセス解析やデータ分析が不十分で、改善点が見えにくい。

提案された解決策の実装の難易度:
- 難易度:M
- 理由:
- デジタルマーケティングの戦略の改善や競合他社との差別化は、専門的な知識や経験が必要であるため、実装が難しい。
- SNSやブログなどのコンテンツ制作の更新頻度を上げることは、時間とリソースが必要であるため、実装が中程度の難易度となる。
- アクセス解析やデータ分析の改善は、データの収集や分析方法の選定が必要であるため、実装が中程度の難易度となる。

bottom of page