top of page

​ビジネスAIアドバイザーの評価結果

百貨店,総合スーパー
お悩みのタイプ

オムニチャネル戦略の展開

お悩み事

当社の百貨店/総合スーパーにおけるオムニチャネル戦略の展開に関する一般的なビジネス問題は以下の通りです。

- オンラインストアと実店舗の連携が不十分で、顧客のニーズに応えられていない。
- 在庫管理が複雑で、オンラインストアと実店舗での在庫調整がスムーズに行われていない。
- オンラインストアの利用者数が伸び悩んでおり、顧客獲得のための施策が必要。
- 実店舗とオンラインストアでの価格差が大きく、顧客の不満が出ている。
- オンラインストアのUI/UXが改善されておらず、利用者のストレスが高い。

解決策

【解決策】オムニチャネル戦略の展開

・ブランド認知度向上のために、海外観光客向けのPR活動を強化する。
・差別化を図るために、日本独自の商品や文化を取り入れた商品展開を行う。
・ローカライズにかかるコストを削減するために、現地のパートナー企業との提携を検討する。
・販売促進活動を強化するために、海外でのイベントやキャンペーンを積極的に展開する。
・オムニチャネル戦略の一環として、海外向けのオンラインストアを開設する。
・海外市場での競合を分析し、自社の強みを明確にし、それをアピールするマーケティング戦略を策定する。
・海外展開にあたり、現地の文化や法律に精通したスタッフを採用することで、ローカライズを進める。
・海外展開に関する情報収集を徹底し、市場の変化に柔軟に対応する。

解決策の難易度

提案された解決策の実装の難易度を評価します。相対的な難易度は「H」が高、 「M」が中、 「L」が低として返され、会社の状況に基づいて理由が記載されます。

- 難易度:M
- 理由:
- 海外市場での競合が激化しており、差別化が必要なため、新しい戦略を開発する必要があります。
- 海外展開に伴い、ローカライズが必要ですが、コストがかかるため、予算の調整が必要です。
- 海外での販売促進活動が不足しているため、新しいマーケティング戦略を開発する必要があります。
- 百貨店や総合スーパーのような大手企業であるため、決定プロセスが複雑である可能性があります。

bottom of page