top of page

​ビジネスAIアドバイザーの評価結果

コンビニエンスストア:飲食料品を中心とするものに限る
お悩みのタイプ

グローバル競争力の向上

お悩み事

コンビニエンスストアのグローバル競争力向上に関する一般的なビジネス問題:

- 海外市場での競合他社との価格競争が激化している
- 海外市場での商品ラインナップの適切な戦略的選択が必要
- 海外市場での消費者ニーズの把握と、それに応じた商品開発が求められる
- 海外市場での販売促進活動の戦略的な展開が必要

解決策

【解決策】コンビニエンスストアのグローバル競争力向上のための提案

・従業員のデジタルスキル向上のための研修プログラムの導入
・オンラインストアやSNSの活用に向けた戦略策定の支援
・データ分析によるマーケティング戦略改善のためのデータ収集・分析方法の改善
・デジタルサービス開発のための外部リソースの活用や、社内の開発チームの強化

これらの提案により、従業員のデジタルスキル向上や新しいデジタルチャネルの開拓、データ分析によるマーケティング戦略の改善、デジタルサービスの開発が可能となり、コンビニエンスストアのグローバル競争力向上につながると考えられます。また、外部リソースの活用や社内の開発チームの強化により、開発リソースの不足も解消されることが期待されます。

解決策の難易度

提案された解決策の実装の難易度を評価します。相対的な難易度は「H」が高、 「M」が中、 「L」が低として返され、会社の状況に基づいて理由が記載されます。

- 難易度:M
- 理由:
- 従業員のデジタルスキルが不足しているため、デジタル化による業務プロセスの変更が必要ですが、スキルアップのためのトレーニングや教育が必要です。
- 新しいデジタルチャネルの開拓が必要ですが、そのための戦略が不明瞭であるため、市場調査や競合分析が必要です。
- データ分析によるマーケティング戦略の改善が必要ですが、データの収集や分析方法が不十分であるため、データ分析の専門家の雇用やトレーニングが必要です。
- 開発リソースが不足しているため、顧客のデジタルニーズに対応するためのデジタルサービスの開発が困難です。開発リソースの確保や外部の開発パートナーの活用が必要です。

bottom of page