top of page

​ビジネスAIアドバイザーの評価結果

受託開発ソフトウェア業
お悩みのタイプ

ITシステムの最適化

お悩み事

・ITシステムの運用コストが高く、収益性が低い
・システムの機能が複雑で、利用者が使いこなせていない
・システムの保守・更新が遅れており、セキュリティリスクが高い
・システムの利用者からの不満やクレームが多い
・競合他社と比較して、システムの性能や機能が劣っている

解決策

【解決策】
・情報セキュリティ対策の専門家を外部から招聘することで、コストや時間の制約を解消する。
・セキュリティ対策に関する社内研修を実施し、社員のスキルアップを図る。
・セキュリティ対策に関するマニュアルの整備を行い、社員が適切な対応ができるようにする。
・セキュリティ対策に関する外部セミナーへの参加を奨励し、最新の知識を取り入れる。
・セキュリティ対策に関する業界団体への加盟を検討し、情報交換やノウハウの共有を行う。

【効果】
・外部専門家の招聘により、コストや時間の制約を解消しつつ、高度なセキュリティ対策を実施できる。
・社員のスキルアップにより、セキュリティ対策に関する知識や技術が向上し、リスクの軽減につながる。
・マニュアルの整備により、社員が適切な対応ができるようになり、情報漏洩や不正アクセスなどのリスクを低減できる。
・外部セミナーへの参加や業界団体への加盟により、最新の情報やノウハウを取り入れることができ、業界のトレンドに合わせたセキュリティ対策が可能になる。

解決策の難易度

提案された解決策の実装の難易度を評価します。相対的な難易度は「H」が高、 「M」が中、 「L」が低として返され、会社の状況に基づいて理由が記載されます。

会社の状況:
- ビジネスタイプ:受託開発ソフトウェア業
- 問題タイプ:ITシステムの最適化
- 詳細な問題:
- 受託開発ソフトウェア業において、情報セキュリティ対策が不十分であることが問題となっている。
- 顧客からの情報漏洩や不正アクセスなどのリスクがある。
- セキュリティ対策の強化が必要であるが、コストや時間の制約がある。
- セキュリティ対策に関する専門知識を持つ人材の不足も課題となっている。

提案された解決策の実装の難易度は「H」(高)です。
理由:
- 情報セキュリティ対策の強化には、専門知識を持つ人材が必要であり、会社にはそのような人材が不足しているため、外部からの人材の採用や教育が必要です。
- セキュリティ対策にはコストや時間がかかるため、会社の予算やスケジュールに合わせた計画が必要です。
- セキュリティ対策は継続的な取り組みが必要であり、定期的な監査や改善が必要です。

bottom of page