top of page

​ビジネスAIアドバイザーの評価結果

通信業
お悩みのタイプ

調達の最適化

お悩み事

・調達プロセスが非効率的で、コストが高い
・調達先の選定が適切でなく、品質や納期に問題が生じる
・調達業務の自動化が進んでおらず、作業量が多い
・調達担当者のスキル不足により、調達戦略の策定が困難

解決策

【解決策】通信業における調達の最適化

・広告収入の減少に対応するため、新しいビジネスモデルの構築を検討する。
・競合他社の台頭による影響を受けているため、市場調査を行い、競合他社との差別化を図る。
・需要の変化に対応するため、顧客ニーズを把握し、サービスの改善を行う。
・調達の最適化により、コスト削減を図る。具体的には、調達先の見直しや、仕入れ価格の交渉などを行う。
・社内の意思決定プロセスを改善し、迅速な意思決定を可能にする。具体的には、情報共有の仕組みの整備や、意思決定の権限委譲などを行う。

以上の解決策を実行することで、通信業における調達の最適化を図り、売上低迷の解消や新しいビジネスモデルの構築につなげることができる。

解決策の難易度

提案された解決策の実装の難易度を評価します。相対的な難易度は「H」、中程度は「M」、低い場合は「L」として返され、会社の状況に基づいて難易度の理由が記載されます。

- 難易度:H
- 理由:
- 新しいビジネスモデルの構築が必要であるため、実装には時間とリソースが必要です。
- 調達の最適化には、現在の調達プロセスの見直しや新しい調達戦略の策定が必要です。
- 需要の変化に対応するために、市場調査や顧客ニーズの分析が必要です。
- 競合他社の台頭による影響を受けているため、市場動向の分析が必要です。
- 広告収入の減少が主な原因であるため、新しい収益源の開拓が必要です。

以上の理由から、提案された解決策の実装は高い難易度が予想されます。

bottom of page