top of page

​ビジネスAIアドバイザーの評価結果

公共放送業:有線放送業を除く
お悩みのタイプ

調達の最適化

お悩み事

・調達プロセスが非効率的である
・調達コストが高くなっている
・調達先の選定が適切でない
・調達品質が低下している
・調達リスクが高まっている

解決策

【解決策】調達の最適化

・顧客ニーズに合わせた商品・サービスの開発
・競合他社との差別化を図るためのマーケティング戦略の策定
・顧客満足度向上のためのアフターサービスの充実
・新規顧客獲得のためのプロモーション活動の強化
・調達コストの削減による利益率の向上

以上の解決策を実行することで、顧客満足度の向上や新規顧客獲得の促進、競合他社との差別化など、様々な効果が期待できます。また、調達コストの削減により利益率の向上にもつながります。業界のトレンドや顧客ニーズを把握し、迅速かつ柔軟に対応することが重要です。

解決策の難易度

提案された解決策の実装の難易度を評価します。相対的な難易度は「H」、中程度は「M」、低い場合は「L」として返され、会社の状況に基づいて難易度の理由が「:」の後に記載されます。

- 難易度:M
- 理由:調達の最適化は、会社の業務プロセスに大きな影響を与えるため、実装には中程度の難易度があります。特に、以下の点に注意する必要があります。
- 既存の調達プロセスを変更することで、従業員のトレーニングやシステムのアップグレードが必要になる可能性がある。
- 新しい調達プロセスを導入することで、サプライヤーとの関係性が変化する可能性があるため、サプライヤーとのコミュニケーションを改善する必要がある。
- 調達プロセスの最適化には、データの収集と分析が必要であり、それには時間とリソースが必要になる。
- 最適化された調達プロセスを維持するために、定期的な監視と改善が必要になる。

bottom of page