top of page

​ビジネスAIアドバイザーの評価結果

情報サービス業
お悩みのタイプ

マイナンバー制度への対応

お悩み事

・マイナンバー制度への対応により、個人情報の管理がより厳密に求められるようになった。
・既存のシステムにマイナンバーを組み込むための改修が必要である。
・改修にはコストと時間がかかるため、効率的な対応策を模索する必要がある。

解決策

【解決策】
・調達プロセスの改善
 - マイナンバー制度に対応した調達プロセスの策定
 - 調達プロセスの自動化による効率化
・調達先の適切な選定
 - 調達先の選定基準の策定
 - 調達先の情報収集の強化
・情報の充実
 - 調達に関する情報の収集・共有の仕組みの整備
 - 調達に関する情報の分析・活用の強化
・調達業務の自動化
 - 調達業務の自動化による人的ミスの削減
 - 調達業務の自動化による効率化

以上の解決策を実施することで、マイナンバー制度への対応において調達業務の効率化が図られ、コスト削減や意思決定の迅速化につながると考えられます。また、調達先の適切な選定や情報の充実により、調達に関するリスクの低減も期待できます。調達業務の自動化による人的ミスの削減は、マイナンバー制度における情報漏洩や誤りの防止にもつながります。

解決策の難易度

提案された解決策の実装の難易度を評価します。相対的な難易度は「H」が高、中程度は「M」、低い場合は「L」として返され、会社の状況に基づいて理由が記載されます。

会社の状況:
- ビジネスタイプ:情報サービス業
- 問題のタイプ:マイナンバー制度への対応
- 詳細な問題:
- 調達プロセスが非効率的で時間がかかる
- 調達先の選定が適切でなく、コストが高い
- 調達に関する情報が不足しており、意思決定が困難
- 調達業務の自動化が進んでおらず、人的ミスが多い

提案された解決策の実装の難易度は「H」です。
- 調達プロセスの改善には、既存のシステムとの統合が必要であり、時間とコストがかかるため。
- 調達先の選定には、新しい調達戦略の開発と実装が必要であり、コストがかかるため。
- 調達に関する情報の改善には、既存のシステムとの統合が必要であり、時間とコストがかかるため。
- 調達業務の自動化には、新しいシステムの導入が必要であり、時間とコストがかかるため。

bottom of page