top of page

​ビジネスAIアドバイザーの評価結果

通信業
お悩みのタイプ

ブランドのグローバル化

お悩み事

・通信業界はグローバル化が進んでおり、ブランドのグローバル化が必要。
・しかし、異なる文化や言語、法律などの障壁があるため、グローバル化が進まない。
・グローバル化による競争力の向上が必要であるため、解決策を模索する必要がある。

解決策

【解決策】通信業におけるブランドのグローバル化に向けた多様性推進の具体的施策

・採用プロセスの見直し
 - 多様性を考慮した採用基準の策定
 - 多様な大学や業界出身者の採用を促進する取り組みの導入

・社内環境の整備
 - 多様性を尊重する社風の醸成
 - 多様な人材が活躍できる環境づくりの推進

・外部との連携
 - 多様性を推進する団体やイベントへの参加
 - 多様性を重視する企業とのパートナーシップの構築

・広報活動の強化
 - 多様性を推進する取り組みを積極的に発信する
 - 多様性を重視するブランドイメージの構築

これらの施策を実施することで、多様性を推進し、通信業におけるブランドのグローバル化に貢献することができます。

解決策の難易度

提案された解決策の実装の難易度を評価します。相対的な難易度は「H」が高、 「M」が中、 「L」が低として返され、会社の状況に基づいて理由が記載されます。

- 難易度:M
- 理由:多様性を推進するための具体的な施策が不足しているため、実装には中程度の難易度があります。
- 通信業界における人材採用において、多様性を考慮した採用ができていないため、多様性を推進するための具体的な施策が必要です。
- 特定の大学や業界出身者に偏った採用傾向があるため、採用プロセスを見直し、多様なバックグラウンドを持つ人材を採用するための施策を実施する必要があります。
- ただし、多様性を推進するための施策は、社内の意識改革や教育プログラムの導入など、長期的な取り組みが必要であるため、実装には中程度の難易度があると考えられます。

bottom of page